2011年10月11日

みとうし×○× 19世紀日本芸術に再び光=シカゴ万博「鳳凰殿」欄間―米

このトピックもそれぞれかんしんを奪いました。
注目の宿題ってのは!!
みとうし×○× 19世紀日本芸術に再び光=シカゴ万博「鳳凰殿」欄間―米の事を精査速報も惨めって?

☆★☆

19世紀日本芸術に再び光=シカゴ万博「鳳凰殿」欄間―米
時事通信 10月11日(火)14時34分配信

【シカゴ時事】1893年のシカゴ万国博覧会で、日本が出展した「鳳凰殿」内の4枚の欄間がこのほど、シカゴ美術館に常設展示された。日本政府は同万博で伝統美術の諸外国へのアピールに躍起になっていたといい、当時の名残をとどめる埋もれていた逸品に再び光が当たることになった。

欄間は天井とかもいの間の部分。この場所に取り付けられている装飾板自体を指す場合もある。

同美術館のジャニス・キャッツ学芸員によると、常設展示された欄間は同博覧会に彫刻「老猿」を出品した高村光雲の作品。宇治の平等院鳳凰堂を模して造られた鳳凰殿は万博後にシカゴ市に寄贈されたが、1940年代半ばに火事で焼失、欄間が鳳凰殿で唯一現存する品という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111011-00000054-jij-int

★☆★

これから、どうします??
これからも、コレコレの続きでどうですか!!!
では、では。


今日の科目に
今日の一考
今日の学習
今日の見分け
今日の自習
今日の習い
今日の心得
今日の物識り
posted by あでうぃ at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。